HOME>コラム>被リンクとIPアドレスの分散について

スポンサードリンク

被リンクとIPアドレスの分散について

ぞくぞく追加中!
IPアドレス付!無料レンタルサーバー一覧はこちら

検索エンジンの上位表示のための対策として、被リンク獲得が有効であるということは、SEOを少しでも勉強されたことがある人はご存知かと思います。当然この方法は今でも有効です。しかし、無料ブログを使った自作自演サイトの構築にも限界が見えてきています。

重要なのは、いかに自然なリンクを獲得しているか、ということになります。

一般的に、多くのアクセスがあるサイト=優秀なサイト、ということになると思いますが、やはりそれだけ魅力的なコンテンツを持つサイトは、あっという間にネットの世界を駆け巡ります。その結果、多くのサイトから紹介を受け、自然なリンクを獲得することができます。

それでは、いかにして多くの自然なリンクを持つサイトを、個人でも量産させることができるか。そこで考えられることが、ドメインを分散させ、そして、IPアドレスすらも分散させることなのです。

無料ブログや無料ホームページスペースを使って、いくらサイトを量産させても、同じドメインであれば、IPアドレスは当然一つになります。同一のレンタルサーバーの下では、いくら独自ドメインの数を増やしても、サーバーのIPアドレスまでは、変えられません。

実は検索エンジンにおいては、IPアドレスも評価の対象になっているのです。ですのでドメインが違う100のサイトからリンクを受けていても、同じサーバー内からのものであれば、IPアドレスも同一となり、作為的、すなわち検索エンジンスパムと判断されてもおかしくはありません。

IPアドレスを分散させる。すなわちサーバーを分散させるということは、ナチュラルなリンクに近い状態になるわけですから、より望ましい形といえるでしょう。

このような事は一部のトップアフィリエイターの間でしか語られなかったことですが、検索エンジンの進化とともに、様々な試行錯誤の結果が一般的にも知られてきた今、このドメインとIPアドレスを分散させるという方法は、多くのアフィリエイターにとって避けては通れない課題となりつつあります。

スポンサードリンク

メニュー

無料レンタルサーバー

有料レンタルサーバ

月額料金別レンタルサーバー

スポンサードリンク